【勉強しないで合格!?】登録実務講習に一発合格する2つのコツ

宅建

 

本記事では、宅建士の登録実務講習の修了試験に一発合格するための2つのポイントを紹介します。

このポイントを押さえれば、勉強せずに合格することも可能です。

これから登録実務講習を受ける人には必ず役立つ情報です。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

事前知識:登録実務講習の概要

  • 日程:通信学習(1ヵ月)、スクーリング(2日間)、修了試験(1時間)
  • 試験回答時間:60分
  • 試験方式:マークシート、教材持ち込み可
  • 合格基準:〇✕と記述各8割以上の正解

 

【この記事を読む前に、登録実務講習の全体像を把握しておきましょう。】

 

登録実務講習 合格の2つのコツ

  1. テキストに勝手にマーカーを引かない
  2. 講師が指示した部分のみ、マーカーと付箋(ふせん)を付ける

 

上記2つのポイントを実践すれば、登録実務講習には合格できるでしょう。

なぜなら、スクーリングで講師がマーカーを引かせた部分からのみ、試験問題が出題されるからです。

以下で解説します。

テキストに勝手にマーカーを引かない

登録実務講習は、通信学習(1か月)とスクーリング(2日間)から成っています。

このうち通信学習では、テキストに勝手にマーカーを引くことは絶対にやめてください。

 

理由は、講師の指示でマーカーを引いた部分からのみ、試験問題が出題されるからです。

そのため、講師が指示していない所に勝手にマーカーを引いても意味がありませんし、講師の指示でマーカーを引いた所を見つけづらくなります。

よって、テキストには勝手にマーカーを引かないようにしてください。

 

テキストには勝手にマーカーを引かないでください!

 

講師が指示した部分だけにマーカーと付箋(ふせん)をつける

通信学習期間が終わったら、マーカーを引いていないきれいなテキストを持ってスクーリングに臨みます。

このとき、通常の教材と筆記用具にプラスして

  • 蛍光色のマーカーペン
  • 付箋(ふせん)

を持っていきましょう。

 

スクーリングでは先程と対照的に、講師が指示した部分は必ずマーカーを引きましょう。

理由は、マーカーを引いた部分から試験問題が出題されるからです。

 

スクーリングの講師は講習中に何度も

「この部分にマーカーを引いておいてください」

「この部分はチェックしておいてください」

と言います。

講習中は居眠りをしたり気を抜かず、この言葉を聴き逃さないようにしましょう。

そして必ずマーカーを引きましょう。

多くの場合、マーカーを引いた部分が、修了試験問題の答えになります

 

また、マーカーを引いた部分には付箋(ふせん)を貼っておきましょう

なぜなら、修了試験はテキストの持ち込みができます。

つまり、テキストのマーカーを引いた部分を見ながら試験を解くことができます。

この時、マーカー部分に付箋を貼っておくと、試験中に見つけやすくなります。

便利ですし、時間短縮にもなります。

ですのでマーカーを引いたページには、ついでに付箋も貼っておくと良いでしょう。

 

講師が指示した部分には、マーカーと付箋(ふせん)をつけましょう!

 

注意:遅刻・欠席は絶対ダメ!

登録実務講習の2日間のスクーリングには、絶対に遅刻・欠席しないようにしてください。

なぜなら、一度でも遅刻・欠席すると修了試験を受験できないからです。

 

遅刻・欠席をすると講習を初めから受けなおすことになり、時間もお金もムダになってしまいます。

体調不良の場合は仕方ありませんが、寝坊や電車の乗り換えミスには充分気を付けましょう。

 

講習に一度でも遅刻・欠席をすると試験を受けることができません!

 

補足:勉強しなくても合格できます。

正直、登録実務講習は勉強をしなくても合格が可能だと思います。

試験では自分の知識が問われるというより、上記の通り、テキストから答えを探し出す作業が中心になります。

ですので、事前に1か月間の通信学習期間が用意されていますが、事前の勉強は必須ではありません。

 

まとめ:マーカーペンと付箋を持って話を聴いていればOK。

上記の通り、登録実務講習では事前の勉強はあまり重要ではありません。

それよりも、スクーリング当日に講師の話を集中して聴くことが大切です。

講習当日はあまり身構えず、気楽に臨んでください。

時間に余裕を持って、マーカーと付箋を忘れずに臨みましょう。

 

【TACの登録実務講習はこんな感じでした】

【登録実務講習の次はどうしたらいいの?】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました